FC2ブログ

新^^・風を感じて・・・

日々の出来事を徒然に・・・ シングルMamaと二人の娘と 愛犬シンバと愛猫キアラとの日々を綴ります^^

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
昨日は、鏡開きでしたねっ!
皆様、おぜんざいやお汁粉を頂かれましたか?
私、このところのお仕事の忙しさにかまけて、作ることもできず、お餅が、密閉容器の中で涙を流しております^^;


鏡餅を「切らず」に「開く」ワケ?

鏡餅は、神々にお供えする尊いもの。鏡開きとは、正月の間に神々にお供えした鏡餅を手や木槌を使い小さく割って、雑煮や汁粉などにして食べることで、この一年の無病息災を祈るものです。鏡餅を刃物を使って「切る」ことを避けるのは、元々は武家社会で始まった行事だからなんだそうです。「切る」は「切腹」などを連想させるので、運を「開く」といった縁起の良さにかけています。また乾燥して硬くなった鏡餅を手で欠いて、あぶり焼いて食べたことが、かきもち・おかきの由来になったんだとか。鏡開きが行われるのは、地域によっても違いはありますが、現在では1月11日が一般的です。元々は20日に行われていたのが、徳川三代将軍家光の命日が20日となってしまったため、以降は11日に変わったんだそうです。

補足:武家では甲冑(かっちゅう)などの具足(ぐそく)に供えた具足餅をさげてお雑煮にして食べ、この日を「具足開き」として祝ったといい、婦人は鏡台に供えた鏡餅を「初顔」を祝うといって、ともに20日の行事とされていました。

以上、食育大事典さんの食育まめ知識より 補足部分は、こちらから。
そうなんですよね、変えたのには、理由があるのですよね!
また、二十日だったわけは「二十日(はつか)」=「刃柄(はつか)」かららしいです。
【慶安4年4月20日】が徳川家光様の命日なのですねっ!
でも、何故?11日だったのでしょうか?????
そこが、知りたいですねっ!


ところで、このところ毎年思うのですが、例の【ハッピーマンデー】とやら・・・。
目的はなんだったのでしょうねぇ?

国民皆が、週休二日ではないのです!
土日、祝日に働いている人もイッパイいるのです。
ましてや、子供を抱えてサービス業に従事している母としては、
子供を残して仕事に行かなければいけない日が増えるだけなんです!
土日、祝日に勤務ができないと片身も狭いですし・・・。
ならば、「平日だけの仕事を探しなさいよ!」と言う声が聞こえそうですが、
なかなかないのですよ・・・。資格があればまた別なのかもしれませんが^^; 
資格を取るには時間とお金も必要で・・・。
シングルママには、ある意味ツライ【ハッピーマンデー】と言えるのかもしれません(ノω・、) ウゥ・・・

皆様は、いかがお考えですか?【ハッピーマンデー】を・・・。

そんな【ハッピーマンデー】制度でできた三連休の初日は、
なんだかスッキリしないお天気です・・・。

*:..。o○☆゚+。*゚¨゚゚・*:..。o○☆゚+。*゚¨゚゚・*:..。o○☆゚+。**:..。o○☆゚+。*゚¨゚゚・*:..。o○☆゚+。*゚¨゚゚・*:..。o○☆゚+。*

今日、1月12日の誕生花は
【庭薺(にわなずな)】
niwanazuna

花言葉は・・・、優美・美しさに優る値打ち

・油菜(あぶらな)科。
・学名 Lobularia maritima
Lobularia : ロブラリア属
maritima : 海の
Lobularia(ロブラリア)は、ラテン語の
「lobulus(小さなかけら)」が語源。
別名:スイートアリッサム


少し、香りがきつめですが、私はこの花が好きです^^
決して、主役ではないけれど、脇役としての役目を果たしてくれる庭薺。
そんな存在でありたいものです・・・。



スポンサーサイト

鏡開きしましたよ^^
うちは、餅があまりにもカッチカチに
なってたので、揚げ餅にしました^^

2008.01.12 14:14 URL | 万有引力 #uEXqy11M [ 編集 ]

揚げ餅いいですねぇ~!
やはり、ご自分の家でついたお餅だとまた格別ですよねっ!
いつか、万有引力さんのお家にお邪魔してつき立てのお餅をいただきたいです^^

2008.01.14 15:53 URL | 緑Mama^^ #nB9jvkMo [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://yumeyoizakura.blog79.fc2.com/tb.php/465-e09b3448

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。